menu

Wazn(わずん)

〒111-0035 東京都台東区西浅草2-16-9
Lunch:11:30~15:00(14:30 L.O)
Dinner:17:00~21:30(21:00 L.O)
火曜日休み

TEL.03-6231-7114

日本で唯一のスモーガスボード専門店「ストックホルム」でスウェーデン料理を堪能

スモーガスボード

こんにちは! 浅草の冒険するハンバーグ&ステーキカレーのお店『Wazn(わずん)』です。

毎年この季節には結婚記念日と言うこともあり、嫁さんの好物のスモークサーモンを某ホテルのビュッフェで食べるのが定番。

「今年も例年通り行こうか?」と話し合いをするも、コロナの影響でビュッフェ形式ではなくなった様子。個人的には「それでも同じものが食べれるから良いのでは?」と思うも、嫁さんに言わせると違うとのこと。

「えー・・・」と思いながらも色々と調べ初め待つ事数分、「ここにしよう!」とスマホで見せられたのが今回のお店。永田町にある「レストラン ストックホルム」。日本にここだけしか無いスウェーデン料理のスモーガスボード専門店。

「スモーガスボード?」と思っていると入り口の立て看板に詳細記載。『スモーガスボードとは日本でいうバイキングスタイルのこと』との説明。それを見た瞬間に悟りました。「あ、これ絶対にスモークサーモン狙いだ」と・・・。

スウェーデンと言えばサーモンですよね? 狙いが分かったところでちょうど予約の時間になり店内へ。

落ち着いた雰囲気のおしゃれな空間。着席後まずは乾杯。自分はビール(カールスバーグ)、嫁さんは最近何かと縁のあるエルダーフラワーを使ったジュースを選択。

エルダーフラワージュースは炭酸で割ってあり、甘酸っぱい。酸味があるので料理とも合わせやすい味。

なんとなくテーブルに置いてあったカードを見ると『スモーガスボードの召し上がり方』という内容。『スモーガスボードの食べ方には、スウェーデンの伝統的な様式があります。』とのでだしで「なるほど、マナー的な事が書いてあるのか」と読み進めると、

たくさんの料理を少しずつ味わっていくことが重要となりますので、一度にたくさんの料理を取らずに、お皿には少しずつ盛り付けていき、テーブルとスモーガスボードを何度も往復しましょう。
お皿の数が多ければ多いほどマナーが良いとされています。

とのこと。単純な僕は「せっかく読んだしなるべく守ろう」と少量づつこまめに往復。

バイキングなどで毎回思うのが少しずつゆっくり食べるとすぐにお腹いっぱいになりますよね。せっかくきたからとりあえず一通り食べようと今回は5往復しましたが3皿目ぐらいで割と満足。

これも勉強となるべく食べるようにしてるから太るんだよなと思いながらも、結局は貧乏性なので食べてしまう自分。

ある意味ダイエットは諦めましたが、運動量は増やそうと思います(健康第一)。

食後にスイーツと別でフレーバーティでほっと一息。嫁さんがいつの間にか「結婚記念日」ということを伝えていたらしく会計後にクッキーを頂きました。こうしたちょっとした心遣いって良いですね。ご馳走様でした。また訪問させて頂きます。

Wazn(わずん)のお肉で今日の活力、明日も元気!!』
浅草ハンバーグステーキカレーのお店『Wazn(わずん)』 店主 星